ティエス調剤薬局グループ

安全と信頼を創る それがティエスの地域貢献|ティエス調剤薬局グループ ティエス調剤薬局グループ

ティエスのタネ。

No,018 今年こそは吹き飛ばせ!!夏バテ・食欲不振 No,018 今年こそは吹き飛ばせ!!夏バテ・食欲不振
もうすぐ梅雨が明けますね。梅雨が明けると夏本番!海に山に夏祭りに花火にビール!!みなさん夏はお好きですか?夏はいろんな行事やイベントが盛りだくさんで、楽しみに待っていらっしゃる方も多いと思います。
ところで毎年夏になると、とっても元気になる方と、逆にとーっても元気がなくなる方がいらっしゃいますね。後者のほとんどは俗にいう『夏バテ』状態の方だと思うのですが、この『夏バテ』一体どうして起こるのでしょう?
そこで本日のティエスのタネは、夏本番を迎える前に、夏バテと食欲不振についてお話ししておきたいと思います。じっくり読んで元気な夏を過ごしてくださいネ♪

夏バテとは?

一般的には夏バテと言いますが、その正体はいろいろな原因から起こる心身のバランス失調のことをいいます。
人間の体は気温や湿度の上下に対してバランスを取り、体温を一定に保とうとする自律神経の働きがあります。暑い時には汗をかき、血管を広げることで体の中の熱を外に逃がし、寒い時には汗を出す穴を閉じて(寒いと鳥肌が立つのはこのためです)、血管を細くして熱を逃がさないように働きます。しかし、疲れが残っている場合や、温度の急激な変化などがあると体温調節機能がうまく働かなくなることがあります。
たとえば、空調管理が発達した現代では、室内と屋外の出入りなどをすることで大きな温度差ができてしまい、体温を調整する自律神経の機能が混乱してしまうことがあります。その他、冷房にあたることによる体の冷え、睡眠不足なども自律神経の機能が落ちる原因になります。
このように、様々な原因で自律神経の失調が起こり、体温調節が難しくなることで体力が奪われ夏バテになります。また、食事を摂ることも案外体力を使いますので、体力が落ちると食欲も落ちてくるのです。
ちなみに、夏バテと同じように最近よく聞く『熱中症』ですが、これは体温調節ができないまま異常なほど体温が上がってしまうと発症してしまいます。

夏バテの症状

自律神経のバランスが崩れることで引き起こされる夏バテという状態なので、症状は以下のようなものがあります。すべてが現れるわけではありませんが、複数の症状が出ることもよくあります。
・全身のだるさ、倦怠感
・疲れが取れない
・睡眠不足
・食欲不振
・風邪をひきやすくなる
・めまい、ふらつき
・便秘、下痢などの消化器症状
・イライラする
・手足がほてる

夏バテ対策

No,018 今年こそは吹き飛ばせ!!夏バテ・食欲不振 これはなんといっても、自律神経の調子を健全に保つことが大切です。
十分な休養と睡眠、高タンパク高ビタミンの食事、水分の摂取を多くするなどが主な対策です。土用の丑の日にウナギを食べるという習慣は、ウナギの栄養素から見ても夏バテ対策として、すごく良いことなんですね。
つぎに、冷房を効かせすぎないことも重要です。体を冷やしすぎない事で、冷えによる体の機能低下も防げますし、部屋の内外での温度差が出てしまうことを防ぐことができます。一般的に気温と室温の差は5〜7度ぐらいまでにしておくことが良いようです。冷えに対しては、ぬるま湯につかったり、軽く体を動かす、ストレッチをすることなども有効です。
また、食欲が落ちている時などは無理に食べず、おかゆやうどんなどの消化の良いものを食べましょう。食べる事は大切ですが、食欲が落ちている時は、食べられる範囲で食べることがポイントです。

今回はここまで。早い人ではすでに「夏バテ気味」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、夏はこれからです。できるだけ体調を整えて、暑い夏を健康的に乗り切りましょう!
それでは、次回のティエスのタネをお楽しみに。

バックナンバーはこちら