ティエス調剤薬局グループ

安全と信頼を創る それがティエスの地域貢献|ティエス調剤薬局グループ ティエス調剤薬局グループ

会社案内

ティエス調剤薬局グループは、医療・介護・美容と、人の健康と地域の安全に密接に関わる業務を担っています。人の健康に携わる企業として、地域のみなさまに 「信頼される企業であり続けること」を基礎に、命と健康を守るためにより必要なものは何かを常に考え続け、地域社会とその人々に、より安全で暮らしやすい毎日をご提供できるよう、日々努力しつづけます。

変わらぬスタンスで地域と医療機関との信頼関係を未来につないでいきます。

当社は、昭和60年に兵庫県明石市に朝霧ファーマシーを開局して以来、
一貫して患者様主体の薬局を目指して努力をして業務を展開してまいりました。
創業した頃は、まだ医薬分業は一般的でなく、地域の皆様にご理解いただくため様々な試行錯誤をしてまいりました。
その中から当社のスローガンにも掲げてあるように、何よりも薬局薬剤師が行わないといけないこととしてファーマシューティカルケアに基づくQOLの向上にたどり着きました。
そのために薬局に来られる患者様は勿論、在宅治療しておられる患者様にも同じように薬物治療を提供するため当社は積極的に取り組んでいます。 在宅における中心静脈栄養に対応も行えるように無菌調剤施設も設置しております。また今後の医療の高度化と高齢化により今まで以上に高度な要求が増えてくると考えられます。 当社では積極的に必要とされる業務を行っていきます。医療と共に必要とされる分野での介護事業も積極的に展開しております。居宅介護支援事業所をはじめ訪問介護事業所、通所介護事業所を開設しており医療と介護の連携を進めています。 更に社会情勢に応じて事業を積極的に拡張していきます。
当社は、ファーマシューティカルケアの実現のために薬剤師の働く環境を重視し最新の機器や手法を取り入れてまいりました。また働く薬剤師が受けやすいeラーニングをはじめ各分野の研修制度も実施しております。
最近は、薬局も他の業種のようにM&Aなどが実施されています。一部の上場会社には業績を伸ばすために無理を重ねて経営が成り立たなくなっている薬局も見られてきました。
患者様中心の医療と介護を原点と考え、安定した経営と無理のない出店で今後とも業績を伸ばしていき地域の皆様のお役に立てるように努力してまいります。

ティエス調剤薬局グループ
代表取締役 山本 一哉